専門医

育毛シャンプーの成分に関して

育毛シャンプーは毎日使うものだからこそ、そのような成分が入っているのか確認しておく必要があります。
薄毛は日々進行しているため、早い段階で頭皮へのダメージを抑えることが重要です。
そして頭皮の環境を整えることで、髪の成長に必要な栄養素をしっかり確保することができます。

育毛シャンプーでは、石油系界面活性剤が含まれているものは避けましょう。
成分表示のところに、酸、硫酸という単語が含まれた成分は、石油系界面活性剤の可能性が高いです。
石油系界面活性剤は、洗浄力がとても強いのが特徴です。
頭皮への刺激も強く、頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまいます。
頭皮の皮脂は、地肌に直接汚れなどが付着するのを防いだり、紫外線からも守ってくれる働きがあります。
適度な皮脂を残しながら、汚れを落とす洗浄力があるのがアミノ酸系の育毛シャンプーです。

もう一つ注意すべき成分は、シリコンです。
シリコンは、髪をコーティングしてツヤや肌さわりをよくする働きがあります。
シリコンが含まれているものとしては、ジメチコン、フェニルトリメチコン、シリカなどがあげられます。

シリコンが含まれている場合、すすぎがしっかり行われないと頭皮に成分が残ってしまい頭皮にダメージを与えてしまいます。
また髪をコーティングすることで、トリートメントなどの栄養素が十分に行き届かなくなってしまいます。
このような成分に気をつけて育毛シャンプーを選びましょう。